インドでのInternet.orgイノベーションチャレンジの入賞者を発表

インドでのInternet.orgイノベーションチャレンジは、インターネットを今よりもインドの女性、学生、農業従事者、出稼ぎ労働者にとって有益なものとするために努力している人たちを評価することで、つながった世界というビジョンを支えるものです。私たちの目標は、こうした重要なコミュニティのメンバーに対して実効性のある価値を提供するアプリ、ウェブサイト、オンラインサービスの開発者を応援することです。

インドでインターネットにアクセスできるのは、人口の18%に過ぎません。インドの10億人の人々をオンライン環境に呼び込むには、インターネットがアクセス可能で、低価格でなければなりません。そして何より重要なことは、オンラインの世界の可能性を彼らに理解してもらうことです。すべての応募は、インターネットにつながったインドを実現しようとしていました。ここに、喜びとともに農業従事者、出稼ぎ労働者、学生、女性という4つのカテゴリ、12組の受賞者を発表します。

イノベーションチャレンジ賞の受賞者4組には、それぞれ250,000ドルの賞金が授与されました。この賞は、それぞれの層のニーズに最も適合する優れたアプリ、ウェブサイト、サービス、またはアイデアに取り組んだ個人や団体に与えられるものです。また、各カテゴリの2組にインパクト賞として25,000ドルが贈られました。受賞者は次の方々です。

農業従事者

イノベーションチャレンジ賞受賞者: eKutir。作物の選択から生育、販売プロセスまで、農業のライフサイクル全体を通じて農業従事者を支えるツールやリソースを提供しています。このサービスは、要素間につながりのなかったシステムを、共同作業型で相互接続型の分散モデルに転換することにより、農業従事者とコミュニティの発展を促します。

インパクト賞受賞者: Farmily。農業従事者が新しいバイヤーと出会い、農業生産に関して有利な価格交渉を行えるようにします。農業従事者とバイヤーの間の仲買人を排除します。

インパクト賞受賞者: Farmalytics。最新のセンサー技術と充実した分析を組み合わせて提供し、21世紀の他のビジネスと同様にデータ主導の判断を行えるようにすることで、精密農業を簡単に低価格で行えることを目指しています。

女性

イノベーションチャレンジ賞受賞者: mySangham。最初のターゲットとして選んだ100の村とコミュニティで、女性の活躍を目指した職業訓練とスキル育成を行います。このサービスは、オンラインプラットフォームにより、習得速度と費用対効果に優れたスケーラブルな手法を使って、インドの人口の大半を占める層の職業スキルを高めることで、国全体の経済的および社会的安定性を強化することを目指しています。

インパクト賞受賞者: Embrace Angel。モバイル、インターネット、センサー、そしてビッグデータといったテクノロジーを利用することにより、都市以外の場所(マーケット全体の2/3)における新生児ケアというニーズに応えます。アプリを使うことで、一元的なリソースプールに集められた健康管理と医療の専門家が、遠隔地にまでサポートの手を差し伸べることができます。

インパクト賞受賞者: Rang de Habba。地方に住む女性の職人をサポートすることを中心に据えた、民族工芸品のネット店舗。現状のままでは市場で人気のある大資本のブランドやプラットフォームに搾取されてしまうような職人の評価を高めることも目標です。

学生

イノベーションチャレンジ賞受賞者: BodhaGuru。幼稚園から8学年までの子供を対象に、興味を持って、実り多く、そして低価格で学べるように自習用商品、没入型のモバイル学習アプリ、ビデオ、書籍発行プラットフォームを作っています。物語を聞かせることで子供の創造的思考を育てることに重点を置いています。

インパクト賞受賞者: Fundamentor。3学年から9学年までの子供を対象に、ゲーミフィケーションを使って生活スキルを構築、習得させます。このサービスは、分析、言語運用、推論、批判的思考のスキルに焦点を当てています。

インパクト賞受賞者: LetsIntern。第2~3層の都市に住む学生を、オンラインポータルを通じて中小ビジネスと結び付けることで、インターンシップの機会を提供します。

出稼ぎ労働者

イノベーションチャレンジ賞受賞者: Helper4U。特定分野の技能を習得途中の出稼ぎ労働者と潜在的な雇用主とを結び付ける、オンライン職業データベース。手数料として給料の多くを差し引いてしまうブローカーを排除することで、透明性を高め、出稼ぎ労働者が仕事を見つけられるように支援するという大きなニーズに応えることを目指しています。

インパクト賞受賞者: Mygram。出稼ぎ労働者がデジタルIDを確保できるようにサポートします。これはSMSベースのメールサービスであり、インターネットを始めたばかりの人が対象です。誰かがユーザーにメールを送ると、そのメールへのリンクが書かれたSMSが届きます。このサービスのメールアドレスは、@mygram.inです。

インパクト賞受賞者: mHS City Labs。低賃金の建設労働に携わっていて、基本的な技能に関する指導を受ける機会がない出稼ぎ労働者に対して、リソースと技術ツールのオンラインリポジトリを提供します。具体的な手順を学ぶチュートリアルによって彼らのスキルを高めることが目標です。


今回のチャレンジを審査したのは、以下の方々です。

  • Arun Bansal氏、SVP兼Head of Radio、Ericsson
  • Chris Daniels氏、VP、Internet.org/Facebook
  • Ameet Suri氏、Partnerships Manager、Internet.org/Facebook
  • Raj Talluri氏、SVP of Product Management、Qualcomm

他の投稿

Facebook © 2017 Powered by WordPress.com VIP